ピルは女性の味方!お得な通販で安く手に入れよう!

ピルは種類で使い分け!賢く使ってデキる大人の女になろう!

あなたにぴったりなピルはどれ?

ホワイトのピル

ピルはまだ周りで使用している人が少ない印象をお持ちですか?
管理人も以前はそうでした。

ですが、ピルは正しく使用することで確実な避妊が行えたり、生理日の調整ができたりと、知る人ぞ知るアイテムなのです。
(個人的には、リップクリームや目薬、ハンドタオルと同じくらい持ち歩いていてほしいアイテムのひとつです^^!)

このサイトは既にピルを愛用している方はもちろん、初めてピルを購入する女性にとってわかりやすいサイトでありたいと思い立ち上げました。

各ページを読み進めていくことで、ピルについてはもちろん、避妊や生理の悩み、PMS【月経前症候群】についてもわかるようになっています。

ピルは女性のお守りです。

ピルが安心して買えるサイトをご紹介します。

ピルは大きく分けて2種類

アフターピルと低用量ピル

“ピル”は望まない妊娠を避けるために使用する錠剤です。

そしてピルは大きく分けて「アフターピル」と「低用量ピル」の2種類があります。

「アフターピル」はコンドームでの避妊に失敗した時や、妊娠を望まない性行為があった場合に服用する、言わば緊急用の避妊薬です。

一方で「低用量ピル」は毎日服用する必要がある避妊薬ですが、正しく使用することで高い避妊効果があり、女性にとって強い味方になってくれます。」

管理人も長い間愛用していますが、避妊に失敗した・・・!と焦る事は今のところありません。
どんなことにもメリットがあれば、その分デメリットもあります。

2種類のピルを使用する人の体質や生活サイクルに合わせて使い分けることができるのが魅力的ですね。

デメリットも理解しながら上手に使用することで、今より快適に過ごせるかもしれませんよ♪

アフターピルとは

アフターピル:アイピル

※写真はアフターピルの中でも特に人気の“アイピル”です。

アフターピルは性行為中の避妊に失敗してしまった場合、72時間以内に服用することで妊娠の回避率が上がります。

早く服用するほど妊娠回避率は上がり、24時間以内の服用では約95%の確率で避妊に成功すると言われています。

ただし、必ずしも妊娠を阻止できる万能なものではなく、あくまで「緊急用」の薬だということは覚えておいてくださいね。

強い薬なので人によっては副作用が強く出てしまうこともあり、身体への負担が大きいため常用はオススメできません。

服用が遅れるほど避妊率も下がってしまうため、72時間以降の服用での効果はあまり期待できません。

もしもの時のお守りとして持っていれば、慌てずに対処できますね。

アフターピルが必要な時・・!

困った表情の女性

性行為中にコンドームが破れてしまった、パートナーが避妊に協力的ではなかった、盛り上がってしまった勢いで・・・

避妊に失敗してしまう理由はさまざまだと思います。

「もし生理が来なかったらどうしよう・・・。」

そんな心配をしながら悶々とした日々を過ごすのはとても辛いものがありますよね。
何より、望まない妊娠は自分自身をいちばん傷つけてしまいます。

そのような状況は避けたいですし、そんな時こそアフターピルを早めに服用することが大切になってきます。

そして、アフターピルはもしもの状況のときのためにすぐに飲まないと意味がありません。
管理人が聞いたのは、カバンの中はもちろん、会社の引き出し、ベッドサイドや車の中など、いざというときすぐに飲めるように持ち歩いている人がいました。

確実に避妊をするために、一刻も早く!というのがあるのですね。

アフターピルのデメリット

頭をおさえる女性

女性の心強い味方の「アフターピル」ですが、作用がとても強いため体質によっては体調を崩す場合もあります。

体調を崩した時に見られるのが、吐き気や頭痛がほとんどですが、もし薬が効き始める前に吐いてしまった場合などはもう一度服用が必要になったりと注意が必要です。

「妊娠しなかったけど、吐き気と腹痛が・・・。」


口コミの中から、管理人がデメリットと感じた投稿を一部抜粋しました。
引用元:https://xn--t8j4c1az540f.com/prd_review.php?pid=318#item_review

体調を崩しやすい、崩しにくいのは体質の問題もあるので、合う薬を探すしかないんです。管理人も合うものを探して買う⇒中断⇒別のを買うという事がありました。合わない薬ばっかり続くとガッカリですが、コレだ!という薬に出会えると嬉しいんですよね~。

アフターピルのメリット

笑顔の女性たち

メリットは何と言っても緊急時に使用できるところです。

酔った勢いやパートナーに頼まれて渋々・・・といったお話をよく耳にしますが、そのような方々もアフターピルを服用する事で避妊に成功しています。

最近は通販で簡単に購入する事も可能なので、病院に行くことが苦手だという人でも安心です。

「クリスマス前にやってしまった・・・。使うつもりはなかったけど、お守りで持ってて良かった。万が一に備えてまた買います。」

口コミの中から、管理人がメリットと感じた投稿を一部抜粋しました。
全ての方が効果・性能を感じられるわけではありません。
引用元:https://xn--t8j4c1az540f.com/prd_review.php?pid=141#item_review

イベント前に羽目を外してしまう気持ち・・・よく分かります。使うつもりがなくてもお守りとして手元に備えておく事でもしものときも安心ですね。この方のほかにも通販で購入して財布に忍ばせている、という方もいました。

低用量ピルとは

低用量ピル

低用量ピルは、高い避妊効果のある経口薬です。

避妊率は99%と言われているので、正しく服用を守ればほぼ100%と言っても大げさではないかもしれません。

ただし、低用量ピルは気まぐれに服用して効く薬ではありません。
服用ルールを守る事で高い避妊効果を得られると言われています。
海外では避妊といえばピルと言うほど定着しており、コンドームは性感染症予防に使うことが多いようです。

そして、低用量ピルの使い道は避妊だけではありません。
ピルの普及率がまだ低い日本ではあまり知られていませんが、下記のように多くの女性が喜ぶような良い面が多くあります。

  • 生理不順の改善
  • 生理のスケジュール管理が楽になる
  • 経血量が減る
  • 生理期間が短くなる
  • 肌の状態が良くなる
  • 女性主体の避妊が行える

特に、生理が原因で外出やお泊りを諦めている方にはぜひ知っておいてほしい薬だと思います。

低用量ピルが向いているタイプ

スケジュール帳と小物

低用量ピルは毎日飲まなければいけない薬です。

その癖がつけられないと服用を続けるのは難しいかもしれません。

平日は仕事があるのでタイミングを間違える事はそれほどないと思いますが、休日には生活リズムが崩れるという方は続けられるかどうか、いま一度考えてみましょう。

“毎日飲む”という服用の難しさがあるかもしれませんが、その分ピルのメリットは女性にとって大きいでしょう。

低用量ピルのデメリット

落ち込み頭をおさえる女性

物事には必ずメリットがあればデメリットもあります。

生理痛やスケジュールを自分でコントロールしやすい分、毎日続けるのが面倒、彼氏にピルを反対される、お金がかかる等の困りごとも出てきますよね。

女性として生きていく以上、生理・避妊・妊娠に関連する事をライフスタイルに組み込むのは必然になっていきます。

最終的には薬のデメリットを考慮するか、女性として生活しやすいピルをとるかになるでしょう。

ID:0009737
 飲み忘れや保険適用外なので病院代の負担が大きい。(月6,000円くらい)
 血栓症になりやすい

ID:0000112
 喫煙者はピルを飲めない。

ID:0007401
 男性はピルにいいイメージを持たない人が多い

ID:0008278
 病院にしろ通販にしろ、低用量ピルは自己責任

ID:0009725
 副作用が強く出て酷かった


口コミの中から、管理人がデメリットと感じた投稿を一部抜粋しました。
引用元:http://www.ozmall.co.jp/bbs/4-70603.aspx

低用量ピルのメリット

Be happyのメモ

ピルもお薬なので、良いところもあればマイナスな面もあります。

それも含めて使うかどうかを決めた方がいいでしょう。口コミから一部抜粋していますので参考にしてみて下さい。

投稿者を特定するのは避けたいので、詳細が知りたい方は低用量ピルのデメリットの最下部にある引用元でIDを辿ってみて下さいね。
※文面は簡潔にしています。

ID:0000112
 生理不順が28日周期になり、経血量が減り生理日数が短くなった。

ID:0008278
 子宮筋腫&子宮内膜症の治療にも使われる。

ID:0000112
 生理痛の放置は婦人病見落としの可能性があるので危険。
 痛みに慣れてはいけない。

ID:0001583
 生理不順を放置するのは止めた方がいい。婦人病の検査はした方がいい。

ID:0000112
 人にどう言われようと関係ない。自分の体を守れるのは自分


口コミの中から、管理人がメリットと感じた投稿を一部抜粋しました。
全ての方が効果・性能を感じられるわけではありません。
引用元:http://www.ozmall.co.jp/bbs/4-70603.aspx

最初に低用量ピルを使うのなら、病院で婦人病の検査を行い、問題なければその後は通販で買うといった方法が経済的に負担は少ないでしょう。

生理痛を鎮痛剤で我慢している方は、検査だけでも行う価値はあると思いますよ。

病院での処方について

電卓とちらばる数字

病院で処方してもらう場合は、婦人科かレディースクリニックが診察を受けやすいでしょう。

女性医師が勤務している事も多いので、女医の方があんしんという方は、事前に連絡して確認する事をおすすめします。

アフターピルは検査や診察などを含めての処方なので、10,000円~20,000円ほどかかる場合があります。
費用に差があるのは、自由診療だからです。

基本的に保険適用外なので病院によって相場が変わります。

低用量ピルを処方してもらう場合、事前検査が必要なので5,000円~7,000円を目安にしましょう。
病院側が自由に金額設定でき、保険適用外なので金額は多めに用意しておくと安心です。

ほとんどの病院が現金のみの支払いです。

特にアフターピルの場合、緊急なので焦ってしまうとは思いますが、十分なお金を用意して向かう事をおすすめします。

ピルの通販初めての方へ

ここからはピルの通販が初めてという方に向けて書いていきます。

通販で買い物をするということは、もう当たり前の時代ですよね。
ピルも同じくらい気軽に買えるものなのです。

ピルには2つの種類があることはおわかりいただけたと思います。

望まない妊娠を阻止するためのアフターピルと、毎日服用し、避妊と合わせて美容効果の期待もできる低用量ピル。

どちらのピルも病院で処方してもらうのが当然だと思っている方は多いのではないでしょうか。

ですが、20歳以上の女性なら誰でも個人輸入(以下、通販サイト)を利用して、簡単にピルを購入することができるのです。

スマホ・タブレット・パソコンなどで24時間いつでも注文ができ、注文方法もカンタンです。

ピルを選び、住所や支払方法など普通の通販に必要な情報を入力して注文確定し、代金を支払えば商品が発送されます。
通販を利用したことがあれば、流れは大体どこも一緒なので心配はありません。

通販を利用したことがなくても、電話対応をしているサイトを選べば話しながら注文ができますよ。

配送される箱の中身は、配送業者にもわからないようにプライバシーはきちんと保護されているところが多いので安心してくださいね。

ピルを通販で買うのは合法?

クエスチョンマークと女性

「通販でピルが買えることはわかったけれど、法律に引っかからない!?大丈夫かな?」と心配な方もいると思います。

結論から言うと、通販でピルを買うのは合法です。
薬機法(旧・薬事法)という法律でも認められています。

購入者が気をつけるのは下記の3点です。

  • ピルを購入できるのは20歳以上の女性だけ。
  • 購入できるのは自分が使う分だけ。
  • 家族・友人・知人から頼まれて買うのはダメ。
  • 購入したピルを自分以外の人にあげない、渡さない、売らない。

自分の名前で購入したピルを使えるのは自分だけ。
気をつけると言ってもこれくらいなので、「そんなの当たり前でしょ^^」と思うかもしれませんね。

病院の処方薬や、市販薬の貸し借り、あげたりもらったりということを日常的に行っていなければ、普通の使い方で問題ありません。

男性の名前でピルを購入するのもNGなので、必ず自分の名前で注文しましょう。

もしも普段から薬の貸し借りをしていたり、あげたりもらったり、代理で買ってもらうのが当たり前の人は、気をつけてくださいね。

通販を利用する前に気をつける事

チェックを促す女性

<安さだけで選んではダメ!>
他のサイトと比較して格安の値段でピルを取り扱っている通販サイトがあります。

相場よりもかなり激安で取り扱っているサイトを見かけますが、安さだけでピルを購入するのはやめましょう。

また国内発送と比べても商品の発送が極端に早い通販サイトは怪しいと考えましょう。

<偽物に注意!>
ピルだけに限らず通販サイトで取り扱われている医薬品には数多くの偽物が出回っている場合もあります。

通販サイト内に医薬品についての鑑定証がしっかり掲示されているかを確認するようにしましょう。

商品についての説明など、日本語の表現がおかしい通販サイトでの購入は控えましょう。

<信頼のある通販サイトを利用する>
創業が長く、知名度があり、信頼が感じられる通販サイトを利用しましょう。

そして購入者の意見がしっかり反映されている口コミを参考に、自身にとってメリットのある通販サイトを選ぶ事が大切です。

<独自のサービス展開>

通販サイトによってポイントやクーポン・送料無料など、購入者向けのサービスを考えてくれているサイトにメリットを見出しましょう。

支払い方法で割引率が変わったり、ポイント率が変動しているサイトもあります。

安心してピルをお得に購入できる通販サイトを下記にて比較してみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アフターピルを通販で買うデメリット

配送される荷物

ピルは女性を助けてくれるアイテムですが、唯一デメリットをあげるとすれば、急いでいてもすぐ手元に届かない事です。

国内発送の通販に慣れている人が海外から輸入する商品を注文すると、海外からの発送は遅すぎると感じる事があると思います。

発送~到着まで5日で届いても早い方ですが、それでも遅いと感じる方には大きなデメリットになるでしょう。

アフターピルは避妊に失敗した性行為から72時間以内に服用する事で妊娠を回避するしくみで、
24時間以内に服用すると妊娠を回避できる確率は更に高くなります。

避妊に失敗したけど、すぐ注文すれば間に合うはず!とはいきません。

アフターピルを通販で買うのなら、事前に用意する予備薬にしましょう。

アフターピルは事前には貰えない!

落ち込む女性

いざという時あると便利なアフターピルですが、実は病院では事前に処方してもらえないのです。

もともとは犯罪に巻き込まれた方の為にある救済処置だということもあります。
アフターピルは、妊娠する準備をさせないわけなので、そもそも救済処置として利用するべきで、安易に処方する物ではない!
という考えの医師もいると聞いたことはあります。

処方してもらう側の気持ちとしては、何かあった時にすぐ病院に行けないかもしれないから常備しておくために欲しいだけなのですが・・

そういったことを考えると、悩める女性にとって便利なのは海外医薬品の通販という手段ですよね。

誰にも中身を知られる事がなく、しかも安価でスマホやパソコンからカンタンに購入する事ができます。

アフターピルを通販で買うメリット

スマホをみる女性

病院処方から通販に切り替えた管理人は、以下の6つにメリットを感じました。

  • 1.病院処方より値段が安い

浮いたお金で妊娠検査薬やビタミン剤、鎮痛剤もまとめて注文できるから便利。

  • 2.ポイント付与と割引
取扱い通販サイト
お薬名 個数(回数) 価格 付与ポイント
お薬なび
アイピル
1箱(1回分)
1,280円
38ポイント
あんしん通販薬局
アイピル
1箱(1回分)
1,780円
89ポイント
ネット総合病院
アイピル
1箱(1回分)
1,980円
19ポイント

100ポイントたまれば100円分割引ができる。例に挙げたポイントレートを見てもわかるように、ポイントのつき方が損しない仕組みでうれしい。

  • 3.ウェブサイトで24時間注文できる

ネットが使える端末(スマホ、パソコン、タブレット)なら、深夜や早朝関係なく注文できる。
そろそろストック追加しないと、そう思った時に注文できるから便利。

  • 4.自宅に配達/郵便局留め

受け取りサインは必要だけど、家で商品を受け取れるのが便利。外箱から中身がバレる心配もない。
同居人や家族に小包を見られたくない時は、郵便局留めにしてそこで受け取ることもできる。

  • 5.プライバシーを守れる

ピルを使っている事は誰にもしられたくない。自分だけの秘密にできる。

  • 6.予備を持ち歩ける

一番のメリットは事前に買っておき、予備を自宅や外出用に持ち歩けることですね。

今すぐ必要な時に時間をかけて病院に行く手間を省けるので、不安な気持ちを抱えて途方にくれなくてもいいのです。

自分で緊急避妊できるメリットはかなり大きいです。

あなたにとってメリットに感じる点は、いくつありましたか?

自分が思っている以上に、いざというときにすぐ病院に行けるわけではありません。

日頃から緊急時に備えて準備できていると、いざという時あわてずに済みます。

管理人は、妊娠検査薬を今までは薬局で買っていましたが、ポイントの付与率を見て通販サイトに切り替えましたよ。

安くて得するならその方がいいですよね♪

低用量ピルの病院処方は事前検査が必要

聴診器と問診票

低用量ピルは毎日服用するので、薬を処方する前に健康に問題がないか検査を行います。

低用量ピルを服用しても問題がないか確認する為に、事前に簡単な問診表に記入したり、血圧測定や、血液検査を行ってからどの薬が合うのか診断して処方されます。

まずは病院で検査してみるのが初めての方には安心できると思います。
薬の合う合わないは体質なので、合うまで色々薬を試す事もありますよ。

それは通販で買っても病院処方も同じなので、最初で体質に合うピルと出会えればその分費用も抑えられます。

病院の問診表は以下のような質問が並びます。

  • 身長
  • 体重
  • 最近の生理開始日~終了日、生理期間
  • 生理の周期
  • ピルが必要な理由(避妊・生理痛・生理不順・肌荒れなど等)
  • 喫煙有無
  • これまでの妊娠経験
  • 高血圧、血管系の疾患、糖尿病の有無
  • 片頭痛、不正出血の有無
  • 乳がん、子宮がんの有無
  • クラミジア、ヘルペスの病歴
  • 家族に血栓症、心血管障害、乳がん、その他の疾患はあるか

病院によっては更に詳しく確認するところもあれば、簡単に確認してくるところもあります。病歴など、もう少し詳しく検査してから判断する事もあります。

参考にしたサイト:https://www.chayamachi.net/first-time/flow/

病院処方:アフターピルのデメリット

困り顔の女性

あなたがすぐにアフターピルが必要な状況のとき、すぐに対応してくれる病院があるか、費用は足りているかが問題です。

元々かかりつけ医がいなかったり、近くに病院がない、仕事や育児で病院に行けないなどの理由で対応が遅れてしまうと、妊娠確率を下げる事が難しくなります。

24時間以内にアフターピルを服用する事が避妊成功の秘訣なので、猶予は72時間あるとはいえ、早めに対処する方が安心です。

その他に感じるデメリットは費用です。一度診てもらっただけで10,000円~20,000円くらいはかかります。

保険適用外なので自由診療となり、病院側が価格設定を自由に決められます。

その場合の負担は大きいものです。

病院に行く前にお金を降ろした方が安心ですが、焦って急いでいる時にそういった労力はさらに負担になりますね。

病院処方:アフターピルのメリット

MERIT

通っている産婦人科やレディースクリニックが近くにあると、いざという時に駆け込めるので安心ですね。

72時間以内の服用で85%の避妊効果を期待できます。

服用が早いほど避妊効果も高まるので失敗した時はなるべく24時間以内に対処した方がいいでしょう。

病院処方ではアフターピルを使った後の過ごし方や、気をつける事、妊娠が成立していないか後々検査を受けるという選択もできます。

病院処方:低用量ピルのデメリット

時計とお金

デメリットは時間とお金です。

病院で検査をするなら、半日~1日はかかると考えていた方がいいでしょう。

月曜は特に混んでいますし、平日を狙って集中する事もあるので混み具合は予測できません。土日祝日は更に混みあうでしょう。

事前の検査が必要になる為、初期費用はそれなりにします。目安としてはだいたい5,000円~7,000円くらいでしょうか。

希望する場合、低用量ピルは3ヵ月くらいまとめて処方してくれますが、その都度検査が必要になる病院もあるようなので、事前に確認した方が良いでしょう。

病院処方:低用量ピルのメリット

医療道具
低用量ピルを病院で処方してもらうには、事前の検査をクリアする必要があります。

喫煙の有無、疾患はないか、健康状態など、服用する上で問題がないか先に調べる事ができるので、安心できますね。

また、検査の時に別の病気を発見できる可能性もあるので、病院に行く場合は労力が必要な分、メリットもあるでしょう。
薬を処方してもらいながら、その都度気になる事を相談することもできますね。

かかりつけ医の場合はカルテを管理してくれているので対応も早くなりますし、いざという時も安心です。

管理人は通販で購入したピルのことを話したり、いろいろアドバイスをもらってお得に通販を利用しながら続けています。

低用量ピルを通販で買うデメリット

飛行機とピン止めされた地図

通販で注文した低用量ピルは、海外から直接発送されます。
国内通販とは異なり、自宅に届くまで数日~2週間程かかる事もあります。

届く日数は利用する通販サイトで変わってくる為、場合によっては「届くのが遅い!」と感じる事もあるかと思います。

市販薬や病院処方であれば、もうすぐなくなる、なくなったから欲しい!と思った時に手に入るので不便は感じません。

ただし、通販の場合はもうすぐなくなるなというタイミングで注文してしまうと、服用期間がずれたり、リセットしなくてはいけない事もあります。

「もうすぐなくなるから注文」だと遅すぎる場合があるので、残り3週間~4週間くらいで注文すると余裕を持って商品を受取る事ができますよ。

薬が切れるタイミングと、注文してからどのくらいで届くか計算しながら注文をする必要があるのが通販の面倒なところです。

低用量ピルを通販で買うメリット

PCとスマホでお買い物

病院に行かなくても入手できるのが、通販のメリットです。

半休や丸一日休みを使って病院に行かなくても、注文したピルが届くのを待つだけなので楽です。
郵便局留めにして受け取ればいいので、家族やパートナーにも知られないので良いですよね。

通販の一番のメリットは病院処方より安いという点、通販サイトでためたポイントは買うたびに割引できるので、お得ですよね♪

ですが、今まで服用した事がない薬を、毎日飲み続けるのは不安だと思います。
低用量ピルを初めて利用する際は、不安を消す為にも事前に病院で検査を受けておくと安心できるでしょう。

その後からは通販を利用して薬を取り寄せればいいので、ピルを続けられる安心感が生まれます。

後ろめたい理由がなくても、レディースクリニックに通院している姿を見られたくないという気持ちは、女性ならだれでもあると思います。

こうしたプライバシーも守れるようになるのも、通販のメリットと言えるでしょう。

ピルを通販で買うデメリット

ピルを見つめる女性

通販を利用してピルを簡単に買えて大変便利ですが、利用する際の注意も見ていきましょう。

全て自己責任となる

通販で薬を購入する場合、服用後に体調を崩したとしても全て自己責任です。

管理人もそのことを承知の上で、通販を利用しています。

病院で処方されるピルも、治療目的でなければ服用は同じように自己責任です。

子宮内膜症など、婦人科系の病気を治療する目的でないと保険は適用できません。

病院によって生理不順でも保険適用できる・できないが変わるようです。

処方を希望する際は事前に問い合わせすることをおすすめします。

商品受け取りまでの待ち時間

通販で取り扱われているピルは海外から発送されるので、手元に届くまである程度時間が必要です。

当日に欲しい方にとってはデメリットでしょう。

通販サイトによって最短3日~2週間と配送期間が異なります。

目安になる期間を事前に調べておくと、配送が遅れても心配せずにすみますね。

ピルを通販で買うメリット

うれしそうな女性

低用量ピルやアフターピルは、通販でも簡単に購入する事ができます。通販でピルを購入するメリットを3つ挙げてみます。

  • 1.内緒で購入できる

性に関する悩みは仲の良い友人にもなかなか相談できない問題です。
低用量ピルやアフターピルは、まだまだ世間のイメージが良くないですよね。
通販では誰にも知られず簡単に購入する事ができるので、周囲に知られるリスクもありません。

  • 2.病院に通わずに購入できる

忙しい女性にとって、空き時間を作るのは難しいですよね。

せっかく時間が作れたとしても病院が休診している事もあります。通販は24時間いつでも注文可能です。

自分に都合の良いタイミングに注文できるので非常に便利です。

  • 3.事前に備えておく事が重要

妊娠を望まない女性にとって避妊失敗は仕事、結婚、出産、育児と色々な事が思い浮かんで不安だと思います。

低用量ピルならともかく、アフターピルは予備として処方してもらう事はできません。

事前に通販でピルを購入して備えておけば、いざという時にも焦る必要はありません。

メニュー


先頭へ


目次へ