ピルは通販が賢い買い方!ピルの種類も豊富に選べて購入できます

通販でピルが買える事を初めて知った方へ

PCを見る笑顔の女性

これまでピルを手に入れるには病院処方が唯一の手段でしたが、20歳以上の女性ならば誰でも通販サイトを利用して簡単にピルを購入する事ができるようになりました。通販サイトでは昼夜を問わずに24時間いつでも注文できるので、仕事が忙しくてなかなか時間を作れない方でもわざわざ時間をつくらずに薬を買う事ができます。

スマートフォン等の普及により気軽にネットを使えるようになった現在では、ピルもスマホで手軽に通販サイトを利用できるようになりました。それに伴いピルを扱う通販サイトも年々増えてきています。販売されている薬の種類も多く、日本では手に入らない海外医薬品を購入できるのが通販のメリットでもあります。

値段が安いだけでなく、独自のポイントサービスや送料無料サービスを行っているサイトもあります。初めてピルを買う場合は、沢山あるサイトから何処を選べばいいのかわからない事が多いと思いますので、数多くのサイトから数社を厳選しました。ピルの購入に役立つ通販サイトを徹底比較しますので、ぜひ参考にして下さい。

通販で薬を買うのは合法?

はてなカードを持つ女性

通販でピルを買うのは合法で、薬機法(旧・薬事法)でも認められています。利用する際は条件があり、購入者がうっかりやってしまいがちな薬の譲渡等、気をつけなければいけない事もあります。

ピルを含め輸入した医薬品は第三者に販売・譲渡は行えません。個人的に使用する分には問題ありませんが、一度自分が購入した薬等を家族や友人、知人に売る、譲るといった行為は禁止されています。緊急避妊薬を急いで使いたい友人に、自分の薬が余っているからわけてあげる行為も違法になるので気をつけましょう。

自分の注文ついでに家族や友人・知人など、第三者の分までまとめて購入する行為も違法です。通販で薬を買うのは合法ですが、善意や優しさのつもりで行った事が、違法になる可能性もある事を覚えておきましょう。

低用量ピルを通販で買うメリット

商品の受け渡し

通販で買うメリットは病院に行かなくても良いところです。ですが、今まで服用した事がない薬を毎日飲み続けるのは不安だと思います。低用量ピルを初めて利用する際は、不安を消す為にも事前に病院で検査を受けておくと安心できるでしょう。その後は通販を利用して薬を取り寄せればいいので、初期費用だけちょっとかかりますが、その分続けられる安心感は生まれます。

通販サイトによっては、会員登録を行う事でポイントが貯まりやすい・割引ができるなどの特典もあるので買えば買うほどお得なシステムです。病院でポイント制度はなかなかみかけないので、通販を利用するメリットでもありますね。車社会な田舎に住むと痛感しますが、自宅から病院までの距離が遠い人が気軽に利用ができるのも通販のいいところです。

低用量ピルを通販で買うデメリット

宅配物を持つ女性

通販で注文した低用量ピルは、海外から直接発送されます。国内通販とは異なり、自宅に届くまで数日~2週間程かかる事もあります。届く日数は利用する通販サイトで変わってくる為、場合によっては「届くのが遅い!」と感じる事もあります。

市販薬や病院処方であれば、もうすぐなくなる、なくなったから欲しいと思った時に手に入るので不便は感じません。通販の場合、もうすぐなくなるなというタイミングで注文してしまうと服用期間がずれたり、リセットしなくてはいけない事もあります。

「もうすぐなくなるから注文」だと遅すぎる場合があるので、残り3週間~4週間くらいで注文すると余裕を持って商品を受取る事ができます。薬が切れるタイミングと、注文してからどのくらいで届くか計算しながら注文をする必要があるのが通販の面倒なところです。

アフターピルを通販で買うメリット

考える女性

通販は病院で処方されるより、安い値段で購入できるメリットがあります。処方箋は必要ない為、友達や知り合いと遭遇する危険性を避け、誰にも知られずに購入できます。

通販は日本国内の病院で取り扱っている同じ種類のアフターピルの他に、病院では処方されない種類も揃っています。処方された種類が体質に合わなくても、通販で他の種類を見つけられ、複数・数種類を同時に購入できるのもメリットといえるでしょう。

病院でアフターピルを処方してもらうには、医師から緊急性が認められた場合のみです。予備薬として処方してもらう事はできません。通販は一度に2回~3回を予備用として、複数購入できるのでまとめ買いには便利です。病院は診察時間が決まっていますが、通販サイトは24時間いつでも注文できるのも大きなメリットでしょう。

アフターピルを通販で買うデメリット

スマホを操作する手

最大のデメリットは、急いでいてもすぐ手元に届かない事です。国内発送の通販に慣れている人が海外から輸入する商品を注文すると、海外からの発送は遅すぎると感じる事があります。発送~到着まで5日で届いても早い方ですが、それでも遅いと感じる方には大きなデメリットになるでしょう。

アフターピルは避妊に失敗した性行為から72時間以内に服用する事で、妊娠を回避する仕組みです。24時間以内に服用すると妊娠を回避できる確率は更に高くなります。避妊に失敗したけど、すぐ注文すれば間に合うはず!とはいきません。アフターピルを通販で買うのなら、事前に用意する予備薬にしましょう。

ピルは大きく分けて2種類

いくつものピル

望まない妊娠を避けるために使われるピルですが、大きく分けると「アフターピル」と「低用量ピル」の2種類あります。
「アフターピル」はコンドームなど使用して避妊に失敗してしまったり、妊娠を望まない性行為で避妊具を使用しなかったときに服用する、言わば緊急用の避妊薬です。

一方で「低用量ピル」は毎日服用する必要のある避妊薬ですが、正しく使用することで高い避妊効果に期待ができます。管理人も長い間お世話になりますが、避妊失敗した!と焦る事はありませんでした。どちらにもメリット・デメリットがありますが、その人の体質や生活サイクルに合った薬を選ぶことも出来るのもピルの魅力です。

メニュー


先頭へ


目次へ